ダンス博ご案内「ダンス博 ふたたびネパール」

~福島とネパールをつなげる国際復興支援のチャリティー企画~

□場所: 四谷中学校体育館 (東京都新宿区)

□日時:2015年10月25日 (日)※ネパール大地震から半年

2015年4月25日、ネパールのサウラパニを震源とする大地震が発生し8900人の方々が犠牲になり、現在も280万人の被災者がテントや食糧等の人道援助を必要としています。特に子どもたちへの支援が遅れがちです。東日本大震災から4年半余りを経て、福島で被災者した若者たちの呼び掛けで、ネパールの子どもたちのためのダンスエイド「ダンス復興博 ふたたびネパール」を、ネパール大地震から半年の10月25日に開きます。ダンス博は、ダンスを通じて人々の心をひとつにし、多くの方々の関心と善意を喚起することで得られる募金、寄付をネパールの子どもたちを支援する活動に役立てます。 皆さまのご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

東日本大震災で被災後、「震災を忘れない」ための活動を続けている福島の小中高生のダンスグループ「エクスプレションD.S.」が呼び掛け、日々の暮らしの中でダンスを愛好するネパールの子どもたちが集結。日本のさまざまなダンスのチームも集い、チャリティーのダンスエイド「ダンス博」を開催し、お見舞いの気持ちを伝えるとともに、ネパールの子どもたちのために広く寄付を呼び掛けます。ネパールの被災状況や復旧・復興の報告をはじめ、ゲストのお話なども予定しています。

自然災害をはじめ戦災、事件・事故などさまざまな被害を受ける人類社会は、地球上で「いつも、どこかで、誰かが」復興を余儀なくされています。東北の、福島の被災者の「復興の知恵」をネパールの被災者に役立ててほしい―そうした福島の思いをネパールに届けるため、哀悼の気持ちを届け、エールを交換しながら友情を培うダンス空間を創造します。

日時 2015年10月25日(日)午後1~5時
場所 四谷中学校 体育館(東京都新宿区四谷1-12)
主催 NPO法人復興博
参加者 ネパール人学校児童、福島の小中高生、ダンスを愛する人びと
入場料 無料※入場は原則事前登録制
後援 復興庁、ネパール大使館、新宿区、ふくしま連携復興センター、在日ネパール人協会、日本ジャズダンス芸術協会、日本バレエ協会、日本舞踊鳳蝶流、Revive Team NEPAL、NPO法人元気になろう福島、スターバックスコーヒージャパン(予定)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(申請中)ほか
協賛 ロータリークラブ、夢屋基金ほか
協力 エクスプレションD.S.、エベレスト・インターナショナル・スクール・ジャパン、ネパールたまごプロジェクト

 

Dance Expo FUTATABI NEPAL

October 25, 2015

Yotsuya J.H.S. (Yotsuya 1-12, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan)

On April 25, 2015, a large earthquake struck Saurpani, in Nepal. 8,900 people died, and currently 2.8 million victims need humanitarian aid, such as tents and food. Assistance to children, especially, has been delayed. More than four and a half years have passed since the Great East Japan Earthquake, and young victims of Fukushima have asked people to open a dance-aid “Dance Expo Futatabi(again) Nepal” for Nepalese children on October 25, which will be half a year after the Nepal earthquake.
Dance Expo has people dancing in one mind and arouses the interest and goodwill of everyone. The fundraising proceeds will go toward activities to support Nepalese children. We beg people for their support and cooperation.

After the Great East Japan Earthquake, junior and senior high school students from the dance group “Expression D.S.” will continue to aid for the fukko revival of victims in Fukushima under the motto, “Do not forget the earthquake”. Its members have called on Nepalese children who love dance in daily life to all dance together. Various dance teams in Japan will also join to hold a charity dance called “Dance Expo”. All participants will express sympathy and call widely for donations for Nepalese children.
Of course, a briefing session about the damage, restoration and reconstruction is planned, and we have scheduled speeches by guests.
If we include natural disasters, wars, incidents and accidents, human society has suffered from various forms of damage. All over the planet, fukko has been enacted “anytime, anywhere, and by anyone”. The wisdom of fukko in Fukushima, Tohoku is such that Fukushima will help Nepalese victims. In order to deliver such a message from the victims of Fukushima to Nepal, we have created a dance space to foster friendship, while offering condolence and exchanging blessings.

sponsor: NPO fukko expo (Dance Expo executive committee)

support: Embassy of Nepal in Japan, Reconstruction Agency, Shinjuku City, Non Resident Nepalis Japan, NPO Fukushima cooperative reconstruction center, Kyodo News(planed), Rotary Club, Everest international school-Japan,Expression D.S., etc.